こまち農業協同組合のホームページへようこそ!秋田県の湯沢・雄勝地域を拠点とするJAこまち管内で生産される農畜産物のご紹介など、さまざまな情報を掲載しております。

 

TAC通信

 

担い手推進課(TAC)

担い手推進課(TAC)
 
地域の個別または組織の担い手経営体及び新規就農者について営農・経済・金融等の相談や支援活動を展開する部署です。
 

担い手推進活動

担い手推進活動
 
≪TACの役割≫◆地域の担い手に訪問してご意見、ご要望をうかがい、誠実にお応えします。◆地域農業の担い手経営に役立つ各種情報をお届けします。◆地域農業の担い手のご意見を持ち帰り、JAこまちの業務改善につなげます。
 

生産コスト削減実践中!!

生産コスト削減実践中!!
 

TACからの地域情報

TACからの地域情報
フォーム
 
生販マッチング事業の現地確認を行いました!
2015-06-10
 全農が実施している農業者支援の一環である「青果物生販マッチング事業」の助成対象となる圃場の確認作業を行いました!この事業によって、今年度新規または増反を行った方々の圃場を6月8日と9日の二日間に渡って現地確認しました!(^^)! 初日は天気に恵まれましたが、二日目はとなってしまいました。しかし、最近雨がなかったので降雨は嬉しいことですね!土壌が潤ってほしいなと思いつつ、雨空を見ながら圃場を訪れました。


 米価の低迷や経営の転機を模索する中で、今年度の「青果物生販マッチング事業」の申請者数は、昨年の11件を大幅に上回り32件となりました!昨年度と比較すると21件増加となりました。新規に導入した作物がある方、増反を行った方、どちらもともに定植作業が進められていました。そうすると、今最もほしいのは「雨☂」ですね……。天気予報では今週末にの予報です。土壌が潤うほどの降雨になってほしいところです(._.)
 
農機具等リース応援事業の説明会に行ってきました!
2015-06-03
 今回JA改革の一環として農林中金が農機具等のリースに関わる支援事業を実施することになりました。そこで、説明会で聞いてきた内容をここで少しお話します(^v^)!この場で一部始終全てお伝えすることはできませんので、重要な点をまとめてみました。

○第1回募集○
 募集期間は、平成27年7月1日(水)〜平成27年7月31日(金) の期間です。
 対象品目は、「米」 「野菜」 の情報です。
 
 もし申請者が助成総額(米100億円・野菜25億円)を超過した場合は、以下の優先順位により助成を行います…
1)組合員で、米15ha以上・野菜3ha以上の規模拡大の面積要件を満たす方
2)組合員で、すでに米15ha以上、野菜3ha以上の規模要件を満たす方

 
助成決定については募集期間終了後、一括して実施することから9月下旬以降になる予定です。そのため、早く申請した方から助成が決定する早い者勝ちではありません!上記の優先順位を考慮して助成対象かどうかを決定するため、助成総額を超過した場合は助成対象外になること場合もあるそうです。こまち管内では来春の作業機械から対象となるようです…。

 詳細について何かわからないことがあれば担い手推進課(0183-78-2244)までご相談ください(^O^)!
 
水稲直播におけるヒエ対策効果
2015-05-29
 水稲直播においてヒエクリーン同時処理を推奨してきました。全体的にはヒエの発生を抑制する効果は顕著となりました。しかし、前年ヒエが多発した圃場においては全てを抑制できないとう事例が岩手で2例報告されており、秋田県で初が、今年こまち管内で報告されています。

 岩手の事例ではヒエが枯死しなかったものの2葉で生育が停滞し、初中期剤散布までのつなぎの効果としては問題なかった模様です。

 同圃場ではホタルイの発生も見られ、ただちに初中期剤を散布していただきました。成分吸収型の剤では想定外の多発条件下では限界もある事例の紹介です。同時処理されていなかったらどうだったのでしょう…。ゴルフ場の芝生ですか?(笑)

※写真はヒエクリーン同時処理を行いヒエの発生を抑制する効果が表れた圃場です。
 

TAC通信ペーパー版

TAC通信ペーパー版
 
 

担い手支援情報

担い手支援情報
 

【生販マッチング事業】・・新規・増反・加工・新技術・商品開発に対する支援事業
                     実施期間:平成30年4月1日〜平成31年3月31日
≪例≫新規または増反
★支援内容
ア.露地物(野菜・小玉スイカ) : 20a以上/1品目
イ.施設物(野菜・小玉スイカ・花き) : 45坪以上/1品目
(平成30年から露地物の花きにつきましては20a以上→10a以上に緩和されました)
※その他TACによる提案作物(20a以上)
 
★支援額
ア.助成額:組織(法人含む)20万円、個人10万円を上限とする。
※ただし、本要領予算を超える場合は、上限金額を協議の上、取り進めることとする。
イ.品目数:1経営体当り1品目とする。

◆加工・新技術・商品開発は内容が異なりますので、詳しくは
 JAこまち担い手推進課へご相談ください。(TEL78−2244)
Google

WWW を検索
ja-komachi.jp を検索
 

こまち農業協同組合
〒012-0825
秋田県湯沢市北荒町5番8号
TEL.0183-78-2211
FAX.0183-78-2228

──────────────

 
478276
<<こまち農業協同組合>> 〒012-0825 秋田県湯沢市北荒町5番8号 TEL:0183-78-2211 FAX:0183-78-2228