こまち農業協同組合のホームページへようこそ!秋田県の湯沢・雄勝地域を拠点とするJAこまち管内で生産される農畜産物のご紹介など、さまざまな情報を掲載しております。

 

TAC通信

 

担い手推進課(TAC)

担い手推進課(TAC)
 
地域の個別または組織の担い手経営体及び新規就農者について営農・経済・金融等の相談や支援活動を展開する部署です。
 

担い手推進活動

担い手推進活動
 
≪TACの役割≫◆地域の担い手に訪問してご意見、ご要望をうかがい、誠実にお応えします。◆地域農業の担い手経営に役立つ各種情報をお届けします。◆地域農業の担い手のご意見を持ち帰り、JAこまちの業務改善につなげます。
 

生産コスト削減実践中!!

生産コスト削減実践中!!
 

TACからの地域情報

TACからの地域情報
フォーム
 
秋田県JA農業機械大展示会に行ってきました!
2015-06-18
 6月17日と18日の二日間に渡って雄和のスカイドームで「第28回秋田県JA農業機械大展示会」が開催されました。TAC担当者5人は初日の17日に参加してきました。会場に着くと、屋外では田植え機や耕運機、管理機の展示や試乗、実演が行われており、熱心に話を聞いている方や試乗している方がいました。

 屋内では、各メーカーがブースごとに分かれ農業機械や肥料・農薬、農業用資材の展示・説明が行われていました。またねぎ収穫機や枝豆関連機械の説明を聞くことができました。ここで少し聞いてきたことを紹介したいと思います。

 従来、ねぎの収穫機は「ソフィー」が主流でした。しかし、今回YANMARから新しく「HL1」というねぎの収穫機が発売されました。このHL1は、1ha未満の圃場でも使用が可能です。ソフィーと比較すると機能面で劣る所もありますが、1ha未満の圃場で使用するには充分な機能を有しています。

 今回の大展示会に参加して、今日使用されている機械から新しく発売された機械まで様々な機械を見ることができました。先日告知したリース事業や排ガス規制等で農業機械の購入を考えている方もいると思います。その際、何か気になること等があれば、ぜひ相談してくださいね(__)!
 
さくらんぼ「佐藤錦」の出荷が始まりました!
2015-06-16
 6月14日から主力品種「佐藤錦」の出荷が始まっています。
フルーツラインを通ると赤いさくらんぼが見え隠れし、今年もさくらんぼの季節到来を教えてくれています。
フルーツラインから少し離れたところから見える景色も圧巻です。さくらんぼの木に屋根がかかり、三関の山の麓が一面透明な屋根に覆われます。今しかみることができない景色です、ぜひ見てみてください!この風景を見ると私は今年もさくらんぼの季節がやってきたことを感じ、テンションが上がってしまいます(*^_^*)!

 また、先日さくらんぼの箱詰め作業を見せて頂きました。私がお邪魔した方の作業場では、7人体制で作業が行われていましたが、とても忙しそうでした。しかし、一つ一つ丁寧に手作業で箱詰めされたさくらんぼは、とても綺麗で、紅く光る宝石のようです。一つ一つが大きく、紅く、そして……とても美味しそうです(笑) 

 これから様々なところへ三関のさくらんぼが出荷されます。
この時期限定の三関のさくらんぼとその景色をみなさんぜひお楽しみください(^O^)/
 
生販マッチング事業の現地確認を行いました!
2015-06-10
 全農が実施している農業者支援の一環である「青果物生販マッチング事業」の助成対象となる圃場の確認作業を行いました!この事業によって、今年度新規または増反を行った方々の圃場を6月8日と9日の二日間に渡って現地確認しました!(^^)! 初日は天気に恵まれましたが、二日目はとなってしまいました。しかし、最近雨がなかったので降雨は嬉しいことですね!土壌が潤ってほしいなと思いつつ、雨空を見ながら圃場を訪れました。


 米価の低迷や経営の転機を模索する中で、今年度の「青果物生販マッチング事業」の申請者数は、昨年の11件を大幅に上回り32件となりました!昨年度と比較すると21件増加となりました。新規に導入した作物がある方、増反を行った方、どちらもともに定植作業が進められていました。そうすると、今最もほしいのは「雨☂」ですね……。天気予報では今週末にの予報です。土壌が潤うほどの降雨になってほしいところです(._.)
 

TAC通信ペーパー版

TAC通信ペーパー版
 
 

担い手支援情報

担い手支援情報
 

【生販マッチング事業】・・新規・増反・加工・新技術・商品開発に対する支援事業
                     実施期間:平成30年4月1日〜平成31年3月31日
≪例≫新規または増反
★支援内容
ア.露地物(野菜・小玉スイカ) : 20a以上/1品目
イ.施設物(野菜・小玉スイカ・花き) : 45坪以上/1品目
(平成30年から露地物の花きにつきましては20a以上→10a以上に緩和されました)
※その他TACによる提案作物(20a以上)
 
★支援額
ア.助成額:組織(法人含む)20万円、個人10万円を上限とする。
※ただし、本要領予算を超える場合は、上限金額を協議の上、取り進めることとする。
イ.品目数:1経営体当り1品目とする。

◆加工・新技術・商品開発は内容が異なりますので、詳しくは
 JAこまち担い手推進課へご相談ください。(TEL78−2244)
Google

WWW を検索
ja-komachi.jp を検索
 

こまち農業協同組合
〒012-0825
秋田県湯沢市北荒町5番8号
TEL.0183-78-2211
FAX.0183-78-2228

──────────────

 
486077
<<こまち農業協同組合>> 〒012-0825 秋田県湯沢市北荒町5番8号 TEL:0183-78-2211 FAX:0183-78-2228