こまち農業協同組合のホームページへようこそ!秋田県の湯沢・雄勝地域を拠点とするJAこまち管内で生産される農畜産物のご紹介など、さまざまな情報を掲載しております。

 

TAC通信

 

担い手支援課(TAC)

担い手支援課(TAC)
 
 
地域の個別または組織の担い手経営体及び新規就農者について
営農・経済・金融等の相談や支援活動を展開する部署です。
 
 
 
 

担い手支援活動

担い手支援活動
 
T(とことん) A(あって) C(コミュニケーション)
 
『TACの役割』
 
 地域の担い手に訪問してご意見、
        ご要望をうかがい、誠実にお応えします!
 
 地域農業の担い手経営に役立つ各種情報をお届けします!
 
 営農指導員と連携し、担い手の経営支援を行います!
 
 

担い手支援情報

担い手支援情報
 
令和3年度担い手支援対策

【生販マッチング事業】実施期間:令和3年4月1日〜令和4年3月31日
 
 生産導入、販売・流通に対する事業を支援します!
                      
対象要件
(1)担い手が新規に導入する作物とする。(※面積拡大は対象外)
(2)販売先が明確でああり、実需者・消費者のニーズがマッチングされていること。
(3)販売先が市場流通の場合は対象外。但し、市場経由でも末端の販売先が明確な場合は対象とする。
(4)JAこまちのTACシステムに登録された担い手であること。など

支援内容
(1)対象作物
  重点品目:枝豆・アスパラガス・ねぎ・きゅうり・トマト・ほうれん草、きゃべつ
  推進品目:ミニトマト・なす・スナップエンドウ・さやいんげん・山うど・やまのいも・
       かぼちゃ・みょうが・そらまめ
  果実:小玉スイカ
  菌床類:菌床しいたけ
  花卉:菊類・トルコギキョウ・ダリア・リンドウ・新鉄砲ユリ
(2)圃場規模(1作物あたりの上限規模)
  ア. 施設物(野菜・小玉スイカ・菌床類・花き): 45坪以上/1品目
  イ. 露地物(野菜・小玉スイカ): 20a以上/1品目
  ウ. 露地物(花き): 10a以上/1品目
    ※その他品目をご希望の際ははご相談下さい。
(3)助成内容
  ア. 作物を導入するための費用(資材、被覆資材、出荷資材、種苗、肥料、農薬に限る)の1/4以下を助成(消費税別)
    ※但し書きあり
  イ.人件費、農業機械、施設関連等の固定資産(20万円以上・税抜き)、農具は対象としない。
(4)上限(1経営体当りの助成額)
  ア. 助成額:組織(法人含む)20万円、個人10万円を上限とする。
    ※ただし、本要領予算を超える場合は、上限金額を協議の上、取り進めることとする。
  イ. 品目数:1経営体当り1品目とする。
 
募集期間:令和3年4月19日(月)~令和3年5月22日(土)
 
 詳しくは「JAこまち担い手支援課(TAC)」へご相談ください
   (電話:0183-78−2244、eメール:tac@komachi.or.jp
 

TAC通信ペーパー版

TAC通信ペーパー版
 
 
 

TACからの地域情報

TACからの地域情報
フォーム
 
水稲の刈取りが始まっています。
2018-09-28
 西部地区の高瀬地域でも「あきたこまち」の刈取りが始まりました。
 まだ刈り始めですが、米の品質は良好のようです。
 
JAこまちが誕生して二十歳になりました。
2018-09-03
 来る9月1日(土)、JAこまち総代研修会と合併20周年記念式典が総勢250名で開催されました。全中会長中家氏を講師に招きJA改革に至る経緯を直接聞く機会となりました。JAと組合員が一体となって邁進することを改めて確認しました。
 
 ところでアトラクションで西部地区の西馬音内(にしもない)盆踊り保存会の皆様が端縫(はぬい)をまとった姿で幻想的な踊りを披露してくれました。独特な雰囲気に伝統の重みを感じました。
 
 今後、合併前(旧単協)より合併後の勤続が長くなる職員構成となっていきます。昔も今もJAの根幹が変わるものでもなく、組合員農家があっての「おらが農協」であってほしいと思います。
 
「あきたこまち」が力に!!
2018-08-23
  今年の夏は記録的な猛暑となっています。特に秋田県は金足農業高校の甲子園での快進撃でさらに熱い夏となりました。写真にあるように、日本農業新聞でも農業高校ということで、勝ち進むにつれ徐々に掲載枠が増え、後半は表紙を飾るようになるという異例の金農フィーバーが全国的に巻き起こりました。新聞には全国の農業関係者からの言葉が掲載されており「暗い話題の多い農業の中で明るいニュースとなった」「農業は厳しい状況だが、農家の励みになった」「農業を頑張れる」などと、元気づけられた農業関係者が日本中におり、私もその中の一人です。記事の中で金農の選手のパワーの源が『あきたこまち』だったことを知り、ご飯離れの進む中で、ご飯の大切さを再認識させられました。
やはり日本人のパワーの源は、米・コメ・※ですねーlaugh
我が家にも高校球児がいるので、あきたこまちを沢山食べさせ甲子園目指して頑張らせます。
   KANANO 元気と感動をありがと~crying
Google

WWW を検索
ja-komachi.jp を検索
 

こまち農業協同組合
〒012-0825
秋田県湯沢市北荒町5番8号
TEL.0183-78-2211
FAX.0183-78-2228

──────────────

 
587654
<<こまち農業協同組合>> 〒012-0825 秋田県湯沢市北荒町5番8号 TEL:0183-78-2211 FAX:0183-78-2228