こまち農業協同組合のホームページへようこそ!秋田県の湯沢・雄勝地域を拠点とするJAこまち管内で生産される農畜産物のご紹介など、さまざまな情報を掲載しております。

 

TAC通信

 

担い手推進課(TAC)

担い手推進課(TAC)
 
地域の個別または組織の担い手経営体及び新規就農者について営農・経済・金融等の相談や支援活動を展開する部署です。
 

生産コスト削減実践中!!

生産コスト削減実践中!!
 

TACからの地域情報

TACからの地域情報
フォーム
 
【大豆】排水対策で収量・品質向上
2016-12-01
 大豆栽培では、圃場の排水が収量に大きく影響します。特に今年は梅雨らしい梅雨で、排水の良し悪しが生育に大きく影響したのではないでしょうか?そんな年でも排水対策を徹底しているところでは安定した実績を収めています。
 
 写真は次年度へ向けて『もみ殻暗渠』を施工しているところです。大豆収穫後から雪が降るまでの期間を利用し、新たに作付する圃場や、排水不良の圃場へ施工しています。高品質・安定生産に向けてぬかりがありません!…排水対策だけに…ぬかりがない……(笑)
 
秋田の伝統野菜 「ちょろぎ」
2016-11-21
 秋田県の伝統野菜となっており、湯沢市が産地となっている「ちょろぎ」。特に皆瀬地区での栽培が盛んで、朝晩の冷え込みが厳しくなる11月が収穫の時期となっており、農家は収穫作業に追われています。
 
 「長老木」「長老喜」「千代呂木」などと当て字が出来ることから、お正月の縁起物としておせち料理によく用いられ、黒豆に添えられる事が多い食材です。
 
 日本原産かと思いきや、ちょろぎは中国が原産地で日本やヨーロッパに伝わったようです。フランスではクリーム煮やサラダ、料理の付け合せに使ったりと、日本よりも色々活用されているというのが意外ですね!
 
キウイフルーツ -西部地区-
2016-11-14
 西部地区(西馬音内)では、40年程前からキウイフルーツの栽培が行われており、今年も10月下旬から収穫が始まりました!2週間程度追熟し、秋田県内を中心に販売されます。
 
 栽培品種は「ヘイワード」という品種が中心ですが、最近では果肉や中心部が赤い品種も栽培されています。みなさんもぜひ、西部地区のキウイフルーツを味わってみてくださいね!
(左は5月下旬に咲いたキウイフルーツの花の写真です。)
 

担い手支援情報

担い手支援情報
 

【生販マッチング事業】・・新規・増反・加工・新技術・商品開発に対する支援事業
                     実施期間:平成29年4月1日〜平成30年3月31日
≪例≫新規または増反
★支援内容
ア.露地物(野菜・小玉スイカ・花き) : 20a以上/1品目
イ.施設物(野菜・小玉スイカ・花き) : 45坪以上/1品目
※その他TACによる提案作物(20a以上)
 
★支援額
ア.助成額:組織(法人含む)20万円、個人10万円を上限とする。
※ただし、本要領予算を超える場合は、上限金額を協議の上、取り進めることとする。
イ.品目数:1経営体当り1品目とする。

◆加工・新技術・商品開発は内容が異なりますので、詳しくは
 JAこまち担い手推進課へご相談ください。(TEL78−2244)
 

TAC通信ペーパー版

TAC通信ペーパー版
 
Google

WWW を検索
ja-komachi.jp を検索
 

こまち農業協同組合
〒012-0825
秋田県湯沢市北荒町5番8号
TEL.0183-78-2211
FAX.0183-78-2228

──────────────

 
445520
<<こまち農業協同組合>> 〒012-0825 秋田県湯沢市北荒町5番8号 TEL:0183-78-2211 FAX:0183-78-2228